会社沿革

昭和2年
本社現在地において、小畠理一、小畠精米所創業
昭和23年
現会長 小畠薫 小売部門設立
昭和44年 4月
自主流通米制度に伴い、法人三和食糧株式会社(資本金1,000万円)を設立
昭和47年 4月
食材部門併設
昭和50年 8月
大型精米工場増設
昭和53年 9月
大型穀物低温倉庫(10,000俵収納)完成
昭和54年 9月
資本金3,000万円に増資
昭和60年 4月
CI導入トレードマーク、イメージカラー確立
昭和63年 3月
広島営業所(広島市西区中広町)新設
平成元年11月
精米設備の刷新を企り、精米工場にコンピュータ導入
平成2年8月8日
三和食糧株式会社を株式会社サンワに社名変更
平成3年 5月
広島サンワビル(広島市西区楠木町)の竣工に従い広島営業所を移転
平成7年 1月
専務取締役 小畠育範 代表取締役社長に就任
平成8年 6月
新食糧法による卸の新規参入認可に伴い、(株)にしむら(本社・広島)と合同で(株)西日本ライスを政府指定卸として登録、当社社長 小畠育範が(株)西日本ライス専務取締役として出向
平成9年 6月
第二大型穀物低温倉庫《米蔵》(30,000俵収納)完成
平成11年 1月
サンワ炊飯センター新設(3,000Kg/日)
平成11年 3月
最新精米研米装置“カピカ”(山本製作所製)導入
精米工場第3次コンピュータ集中管理システム及び第2次品質管理システム導入、精米工場のリニューアル完成