ここは低温倉庫『米蔵』のなかです。
ここはいつも摂氏15度に保たれています。「温度が低い」ということは、それだけ「新鮮さが保たれる」ということです。
全国から集められた玄米は、冬眠しながらここで精米されるのを待っています。